美肌効果が絶大!つや肌間違いなし!

栄養をたっぷり取り入れることができるグリーンスムージーは、美味しくて身体に良いだけでなく、肌もきれいにしてくれる、素晴らしい飲み物です。

果物を入れると飲みやすいので、私は、緑の野菜と大好きなりんごで作っています。
バナナを入れる人もいますね。
旬の野菜や果物を使うと、美味しさがアップします。

グリーンスムージーは、朝食にもぴったりですが、パワーランチにもなるのです。
仕事で忙しいお昼は、グリーンスムージーだけという友人もいるくらいです。
それだけでは午後から元気が出ないのでは?と思われるかもしれませんが、栄養があるのに眠くならないので、バリバリと仕事ができるのです。

bihadakoukaグリーンスムージーを作る時は、緑の野菜から1、2種類、果物から1、2種類を選ぶようにします。
緑の野菜は、ほうれん草、ケール、ちんげん菜、大根の葉など。
果物は、りんご、バナナ、そしてブルーベリーなども美味しいです。
冬は、生姜を入れることもあります。
味のアクセントになるし、生姜には身体を温める作用もあるので、冷え性の人には、お薦めです。

美味しくて、身体に良くて、美容にも効果があるグリーンスムージー。
これからもずっと飲み続けていきたいですね。

簡単グリーンスムージーは3工程のみです

地方で暮らしていた子ども時代、ジューサーはおしゃれで珍しい家電品でした。母親は昔気質の人でしたから、感心を示しませんでした。
ですから、私がジューサーを手に入れたのは、結婚祝いのひとつとしてでした。

これが今、グリーンスムージーを作るのに非常に重宝しているのです。グリーンの葉野菜と果物、水を加えて攪拌するだけなので簡単です。
何も食べずに学校や会社へ行くという人もいるようですが、グリーンスムージーを飲むようにしてみませんか?

とろりとした感触が、きちんと朝食をとったという安心感と満足感につながります。
そのときどきで、冷蔵庫にある緑と果物と水をジューサーへポイポイ、グルグル回して、ゴックンと飲むという3工程だけです。

グリーンスムージーはゆったりと

人間の体内は酸化すると病気になりやすくなります。
グリーンスムージーで、ペーハーをコントロールしていきませんか?
緑の葉ものとフルーツ、水を粉砕したこのジュースを広めたのは、アメリカのグーテンコ一家です。健康をそこねてから、熱処理加工していないローフードにしたといいます。
ローフードという考え方は以前からありましたが、一家は、より効果的、化学的にもわかりやすく伝えています。グリーンスムージーを、朝食前に摂取するのがもっとも効果的です。

ダイエットをしたいのなら、朝食として置き換えても良いのです。面倒になって飲まない日があっても、生死に関わるわけではありません。

また、飲み合わせが悪い食材もありますが、すぐに覚えられます。
ゆったりとかまえて続けてください。

置き換えダイエットするなら腹持ちのいいグリーンスムージーがおすすめ!

haramati毎朝、朝食の変わりに置き換えダイエットとしてグリーンスムージーを飲みはじめました!飲み始めてから、お通じが良くなり、身体が軽くなってきました。美味しく飲めて簡単で長く続けることが大切ですし、なんといってもその一杯で満足感が得られる腹持ちの良さが大事なんです。

グリーンスムージーを置き換えダイエットとして利用するのにお勧めなレシピを紹介します。

小松菜 バナナ

簡単でとっても飲みやすい。少し辛い朝でもゴクゴク飲めます。

アボカド (1/4個) バナナ (1/2本) キウイ(1/2個) ホウレン草(7~8枚) 水

大きいカップにたっぷりの量ができます。アボカドには老化防止に役立つビタミンEや、肌の調子を整えるビタミンBが豊富に含まれているのでお肌にとても良いんです。この組み合わせ飲んだ時の満足感が大きくてすぐにお腹がすかないのでダイエットにとても向いています。

その他に色々その日に冷蔵庫にある野菜がある物をミキサーい入れて続けています!生の果物がない時は、冷凍のマンゴやブルーベリーを使ったり、季節の柿や、ミカンを入れても美味しいですよ!健康と美容の為に是非続けていきたいですね。

参考記事[青汁 グリーンスムージーどちらの方が効果的?!]

野菜嫌いの為のグリーンスムージーとは

我が家は、夫もわたしも子供たちまで、野菜が大嫌いです。その野菜が苦手な人でも飲みやすいグリーンスムージーがあるんです!
炭水化物やお菓子が大好きなのですがこれでは体に悪いと思い、ミキサーで野菜ジュースを作ってみました。
ただの野菜ジュースでは飲んでくれないので、我が家では、必ずフルーツを野菜に混ぜてミキサーにかけるようにしています。
オススメは、ブロッコリーの芯と豆乳とハチミツと小松菜とキウイです。
ブロッコリーの芯は、捨ててしまいがちですが、塩分を体の外にだしてくれたり、栄養がたっぷりあるみたいです。
豆乳は無調整のものを使ってハチミツで味を調整しています。
小松菜はカルシウム摂取できるのでよく使います。
キウイと小松菜とブロッコリーは、綺麗な緑をグリーンスムージーでだしてくれるので、とても見た目にも美味しそうになるのでオススメします。
青汁のような色ではなく、カフェぽいグリーンスムージーになります。野菜が苦手な人でも飲めるグリーンスムージーを作るには少し一手間加える必要があります。

毎日新鮮野菜やフルーツを使ってグリスムを作るとなるとかなり出費がかさんでしまいます。そんな時は粉末のグリスムなどを利用してみるのも一つの賢い利用方法です。お試しキャンペーンなどを使って一度試してみることをおすすめします。商品によっては野菜嫌いでも飲めるほどの野菜を感じさせない上に栄養もしかっりとれるものもあるんです。

毎日毎食でてくる、スムージーですが、これでかなりの野菜が取れているとおもいます。
おそらく、普通に食べるより、スムージーにしたほうが、たくさん取れて体にとてもいい気がします。
なんといっても切ってミキサーにかけてのむだけの簡単作業ですから、毎日続けられます。

グリスムを始めたきっかけは美味しく飲める楽しさ!

野菜、苦手で大キライだから困っていました。取らない訳にはいかないし、でもキライだしで困っていました。

サラダは食べるけど、摂取量は少ない。

青汁は、一日で挫折しました。

サプリメントで取る方法にも忙しいと忘れがちで、たのしみがない。その時、友達の家でスムージーを飲みました。野菜ギライの子の為に、果物を入れて甘くした味でした。

野菜がいっぱい入っているとは思えないくらい美味しかった。私の苦手なセロリも入っていました。

美味しかったです。早速、家で作りました。

最初は失敗作が、多くてゲンナリしましたが、苦手な野菜を入れつつ、どんな果物を入れて甘くしようかを、ネットとかで調べてレシピを増やしていきました。

楽しいですよ。

失敗作も話のネタにはなります。

個性的なレシピを作ってみては。