今流行のグリーンスムージダイエットとは?

今回はグリーンスムージーダイエットのやり方や効果について見て行きたいと思います。
グリーンスムージーダイエットのやり方は簡単で毎日の朝食をグリーンスムージーにするだけ。
簡単ですよね。
作り法も手軽でグリーンスムージーの粉末を専用のシェーカーに入れて水と牛乳を混ぜるだけ。
これだけでダイエット効果があるので、幅広い年代の女性が今グリーンスムージーダイエットを行っているのです。普段の生活では中々取りにくいミネラル成分や野菜の成分を手軽に取ることから無理なく体内から痩せることができるのです。
今までのダイエットが続かなかったという人もグリーンスムージーダイエットなら行いやすいのも特徴ですね。
そのお味も非常に飲みやすく苦味もほとんどありません。
グリーンスムージーは便秘が解消できる飲み物ですから、多くの女性のとっての味方になりそうです。
お肌にも良さそうなので興味を持っていたのですが、私にはグリーンスムージーに手を出せない理由がありました。
長い間慢性の下痢体質で苦しんでいたので、症状をさらに悪化させてしまうのではと不安に思っていたからです。
ところが、物はためしとネットで調べた下痢に効く食材を投入しグリーンスムージーを作って飲んでみたところ、徐々にお腹の状態が安定してきたのです。
材料は、小松菜、りんご、バナナ、冷凍ブルーベリー、はちみつ、そして濃いめに煮出した紅茶です。 カリウム、ペクチン、タンニンなどの成分を含む果物が腸内環境の改善、はちみつが殺菌、紅茶が腸の収れんの効果を発揮してくれます。
味は青臭さが苦手な私でも抵抗なく飲めるようなとてもフルーティーな味です。
薬ではありませんので効果は人それぞれだと思いますが、下痢にお悩みの方は試してみる価値ありですよ。

グリーンスムージーを作ってみたけど意外と飲みやすいですね

雑誌やメディアでしきりに取り上げられているグリーンスムージー
ただのオシャレ系飲み物で、たいして効果はないんじゃないの、なんて思ってました。
なんか飲みにくそうだし。
まずは、グリーンスムージーとは何か?生のの緑の野菜(グリーン)とフルーツと水を混ぜあわせたものです。
各割合については、フルーツ:緑黄色野菜の割合が「6:4」が基本です。
野菜っぽくて飲みにくい人は、フルーツの割合を増やして飲みやすくしてもOK!
作り方は、ものすごく簡単です。切った材料をミキサーにかけるだけ
その後に、水を入れて飲みやすい用調整をしましょう。
おすすめのグリーンは、ほうれん草やチンゲンサイで癖がないので飲みやすいです。
おすすめのフルーツは、バナナです。甘くなって飲みやすいです。
バナナ以外には、もともとジュースとしてあるりんごもおすすめです。

反対に、グリーンスムージーにいれてはいけないものは、キャベツです。
キャベツは緑の野菜といってすぐに思い浮かびますが、お腹にガスがたまるためです。
味を何とかしたいと砂糖や塩などの調味料もいれるのもいけません。
グリーンスムージーは、いくつか注意点もありますが、シンプルにグリーンとフルーツと水で手軽にできるというのがグリーンスムージの人気の理由のひとつのです。

今日も冷蔵庫に小松菜とバナナが入っていたので、試しに作ってみました。
ミキサーに小松菜とバナナと水を入れてスイッチオン。
すぐにトロトロになって出来上がりました。小松菜のグリーンが鮮やかです。
飲んでみると、意外に美味しい!生の小松菜なのでもっと苦いのかと思っていたけど、バナナの甘みで気になりません。 簡単にできるので、飲み続けて半年ぐらいになります。
便秘にも効果があるみたいでお通じも快調です。お肌の調子も良いです。
なにより薬やサプリメントに頼らずに済むことで、すごく健康的な気分になります。
私は基本的には小松菜とバナナで作っていますが、毎日違う野菜や果物で作れば飽きることもないと思います。
朝から固形の食べ物は食べられない、ゆっくり食べる時間がない、という人にもおすすめです。
最近は粉末の物も売られているので作るのが面倒という人でも簡単に作れます。

野菜に果物をあわせて飲みやすいグリーンスムージーは青汁より続いている

野菜がキライで、仕方なく青汁を一時期飲んでいましたが、

余り続かなくって、よく捨ててました。

もったいない事をしてました。

でも、グリーンスムージーを飲む様になってからは、続いてますよ。

もちろん、捨てる事はありません。

またその日の気分によって、果物を多くしたり野菜を多くしたり、味を楽しめますよ。

ドレッシングをかけるとカロリーが高くなることもあるし、果物の甘味まではわからなかったけど、

グリーンスムージーは、違いました。

美肌にも、便秘にも効果はありますし、何よりも楽しめますよ。

ただ飲み過ぎて、冷え性にならない様にすれば、大丈夫。

まあそこまで飲み過ぎないとは思いますが。

朝食を変えるだけでも、健康的になりますしダイエットにもいいですよ。

私の思うグリーンスムージーはすごい体に良いドリンクだと思います。

なぜなら、たくさんの果物や野菜が入っていて、なおかつ自分で飲みやすくもできるドリンクだからです。

私はまだ数回しか飲んでいませんがお通じがよくなりました。

グリーンスムージーを飲み続ければ健康や美肌はもちろん、ダイエット効果が期待できる気がします。

例えば昼御飯か夜御飯をグリーンスムージーに置き換えてみる方法もいいと思います。
置き換えても栄養が偏る心配はなくダイエットなら、無理なくできると思いました。

他に食欲がない体調が悪いときも全く口に入れないより、グリーンスムージーにすることで少しでも飲めば回復していくのではないかなあと思いました。

私はこれからグリーンスムージーを毎朝飲んで健康的に生活したいと考えています。
そしてグリーンスムージー生活を続けることによって今一番改善したい便秘を改善すると同時にダイエット効果や美肌も手に入れていきたいと思っています。

ちなみに、私はイチジクのグリーンスムージーがオススメです。

優香さんやゆうこりんが痩せたグリーンスムージーダイエット

タレントの優香さんが7kgやせたりなどして有名ですね。
ほかにも、小倉優子さんやSHIHOさんなどが独自の組み合わせのグリーンスムージ紹介したりして、有名人の間でも流行っています。
グリーンスムージーは、生の緑の野菜(グリーン)とフルーツと水を混ぜあわせたものなので、野菜が入っている分カロリーを抑えることができます。
ほかにも、便秘やビタミン不足が改善されるので、美肌効果の期待もできます。
いくつか注意点もあるようですが、基本は材料をミキサーにいれて水で調整するだけなので、とても手軽にできます。
材料自体もスーパーで簡単に手に入るものばかりです。
ダイエットをしたいけれどなかなかはじめられないという方は、必要なものはミキサーぐらいなので、グリーンスムージダイエットをはじめていががでしょうか?
まずは、有名人の方のレシピを参考にして、自分なりの組み合わせを考えながら楽しんでダイエットをしましょう。
私からもちょっとした注意点などを
グリーンスムージーを飲む前後40分は食事を控えたいので、まず朝食代わりに飲んでみたらいいと思います。
そして味が悪かったら飲めなくなってしまうので、果物と野菜の割合に気をつけましょう。
割合としては、果物が6割、野菜が4割くらいがおすすめですが、いろいろ組み合わせたり割合を変えてみたりして、自分のお気に入りを見つけてレシピとして記録しておくといいですよ。

野菜は、レタス、ほうれん草、青梗菜などがくせがなく飲みやすいですが、逆にセロリやパセリは香りがきついので避けたほうがいいです。

果物は、バナナで甘くして他にりんご、キウイなどを加えると甘酸っぱい感じでおいしくなりますよ。

少しクセのある野菜がスキだけど。スムージーにすればたくさん食べられる

セロリとかネギなど、少しクセのある野菜がスキだけど、

一回に食べられる量には限界があります。

それにどうせスキな物を食べるのなら、美味しく食べたいじゃないですか?

グリーンスムージーなら、アレンジ次第でいろんな味を楽しめますね。

例えば白ネギにレモン、合いますよ。

さっぱりとして、若干の苦手があって最近のヒット作ですね。

時々失敗作もありますが、新しいレシピを作る楽しさもいいですね。

飲みきれなかったり、少し余ったりした時は、小麦粉を混ぜて

パックにしてしまいます。

韓国ドラマのパクリですけどね。

天然のパックですから、肌荒れの心配はないし、シットリ効果はありましたよ。

朝の栄養食としてもお腹の持ちもいいですし、健康的ですよね。

サプリメントで取るのも一つの方法ですが、季節の野菜を、グリーンスムージーでとるのも、楽しいですよ。

グリーンスムージーダイエットは美容と健康にいいダイエットですこのダイエットをするとうまく痩せることができスリムで綺麗になります。

グリーンスムージてどんなものなのかグリーンスムージは葉野菜とフルーツと水

をブレンダーで混ぜ合わせて作るんです美容と健康にいいので世界中で取り入れられています、簡単なグリーンンスムージーの作り方はりんご2つとパセリ1束

に水2カップをブレンダーでかき回せば出来上がりですフルーツ60%と有機栽培の葉野菜40%の比率で作れば飲みやすく最適ですフルーツを入れることで

甘味が飲みやすくしていますグリーンスムージは食物繊維が豊富に含まれているので食物繊維を取ることで正常な便通ができお腹も健康になり両得です。

グリーンスムージは色んな組み合わせができます例えば野菜はレタス、セロリ

モロヘイヤ、水菜、小松菜、ほうれん草、青梗菜

フルーツはいちご、りんご、みかん、ぶどうなどいろんなフルーツと水と組み合わせればいいです

レシピーは小松菜・りんご・バナナやパセリのグリーンスムージをつくる場合は

小松菜100グラムりんご1コバナナ1本、パセリ1束と水コップ2杯で出来上がりです。

これをミキサーで混ぜ合わせたたらOK美味しく飲めますそのほかにもいろんな

組み合わせでいろいろなグリーンスムージがつくれますよ、ほかにもいろいろ組み合わせればおいしいグリーンスムージーができますね。

二日酔防止の特製グリーンスムージーの作り方

私は、普段からお酒を飲むことが多いので、次の日にスッキリと起きれるよう、二日酔防止の為の特製グリーンスムージーを作って飲んでます。

基本となる野菜にはキャベツを使います。

キャベツが肝臓にいいのは某製薬メーカーからでている商品でおなじみのビタミンU(キャベジン)が豊富に含まれているので間違いないですね。
一般的な野菜な上にそんなに臭みがないので、お勧めです。次にいれるのが、「ブロッコリースプラウト」。なんぞやと思った方もいるかと思いますが、要はブロッコリーの新芽のことです。
最近では一般的なスーパーでもおいています。見た目は貝割れ大根にそっくりですが、大根ではないので、貝割れ大根のように辛くありません。
「ブロッコリースプラウト」には「スルフォラファン」という成分が超豊富に含まれています。
この成分は二日酔いの原因となるアルコールから変換される「アセトアルデヒド」をを速やかに減らす効果があるので、効き目は抜群です。
あとは、適当にバナナや蜂蜜など、飲みやすくするためのフルーツなどを入れれば出来上がり。

更に効果を上げるのであれば、トマトやリンゴなんかもいれると良いですね!
お酒が大好きな方、二日酔いを予防したいときには是非お試しください!